>  > 定番だけど刺激があるのが風俗

定番だけど刺激があるのが風俗

おそらく自分だけではないと思うんですけど風俗を利用するのはある程度パターン化されているんじゃないですかね。仕事中心の生活を送っていれば、どうしても風俗は仕事の合間とか仕事の後とか、どうしても仕事じゃない時間ってことになると思うんですよね。それは全然悪いことではないんです。だからこそ「休前日の夜に」「給料日の後の休前日」といったように、パターン化されているって人も決して少なくはないと思うんですけど、それでも刺激があるのが風俗の世界ですよね。いわばワンパターンに利用しているとしても、そこには大きな、そして日常生活ではまず味わうことが出来ないであろう刺激が待っているのも一つの事実なんですよね。だから自分は風俗を楽しむ時には基本的にはワンパターンではあっても毎回違う風俗嬢を指名して刺激を得るようにしているんですよ。女の子が違うってだけで全然違う展開が待っていると思うので、それはそれでやっぱり楽しいんですよ。

人妻と楽しみたいんですよ

普段は大学生をしていますが、バイト代が貯まったりパチンコで勝利した時には風俗のお世話になっています。特に人妻がいいですね。風俗ではほぼ100%人妻と楽しむようにしています。結局ない物ねだりというか、自分の日常生活で人妻と知り合うようなシチュエーションはないんですよ。大学に行けば周りはみんないわゆる「女子大生」ですけど、ただ自分にとってはそこまで遠い存在ではないんです。大学生なので、成り行きのおかげで友達とつい…なんてこともありますしね。それよりも、普段まず相手にしてもらえることがないというか、接点そのものさえない人妻というタイプと楽しみたいんですよ。風俗は理想をかなえてくれる場所だと思うので、基本的には人妻ですね。もっと歳を取って自分がおじさんとかになって普段の生活の中で女子大生とか若い女の子との接点がなくなっていったらそこで「若い風俗嬢がいい」と思うのかもしれませんが、今は人妻が最高ですね(笑)

[ 2016-10-31 ]

カテゴリ: 風俗体験談